受付時間

ひまわりセントラル整骨院

アクセス

オスグッド

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 走ったりジャンプしたりすると膝が痛い
  • 成長痛と言われて安静にしているが、膝が痛い
  • 蹴る動きをすると膝が痛い
  • 膝のお皿の下あたりが出っ張っている

オスグッドはなぜ起こるのか?|ひまわりセントラル整骨院

オスグッド病は、膝の皿の下にある骨(脛骨結節)が徐々に前に飛び出してきて、痛みや腫れを生じます。成長期にスポーツを頑張っている子どもに起こりやすい、スポーツ障害の一種です。

オスグット病は成長期の子どもが走ったり跳んだりするスポーツ、ボールを蹴るスポーツにより膝を使いすぎることが原因で起こります。

メカニズムとしては太ももを構成する大腿骨にいわゆる“膝のお皿”である膝蓋骨が付着しています。大腿骨の下には、膝から下を構成する脛骨が存在し、膝の曲げ伸ばしを可能とします。

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は、膝蓋骨を覆うように脛骨についています。膝を何度も激しく動かすことで、大腿四頭筋は前へ前へと引っ張られ、お皿の下の部分(脛骨粗面)がはがれてしまい、炎症となってしまいます。それがオスグット病です。成長期のこどもは骨がまだ柔らかいため、特に脛骨粗面がはがれやすくなっています。

オスグッドが治らない理由とは?|ひまわりセントラル整骨院

オスグット病の原因は、成長期に膝を使いすぎることが原因ですが、その根本には別の原因が隠れていることが多いです。

治療の際は痛みのある部位や炎症や腫れ、熱感のある場所へアプローチをします。

けれども、オスグット病を引き起こした根本には、スポーツをする際に誤った体の使い方をしていたり、膝以外の関節の動きが硬かったりすることが関係していることがほとんどです。

一時的にスポーツをお休みしたり、炎症が落ち着いたりすれば痛みはなくなりますが、その根本にある原因を取り除かなければ、再発しては休んで…の繰り返しとなってしまいます。オスグット病が治らない原因は、体の使い方や関節の動きの硬さにあったのです。

当院のオスグッド改善の施術方法|ひまわりセントラル整骨院

当院で行っているオスグット病に悩む方へのアプローチは、2つあります。その2つを併せることで、痛みを繰り返さない体作りを目指します。

① 痛みのある部位へのアプローチ

痛みの出ている部位に対して、超音波や微弱電流などを用いた施術を行うことで、痛みを緩和させます。

② 体の使い方や関節の動きの調整

運動する際に重心がどこにかかっているか、体の使い方は適切かなど、体全体をチェックすることで、オスグット病を引き起こしたであろう原因を把握します。また、関節の動きも調整することで、痛みを繰り返さない体へと導くのが当院の施術です。

ひまわりセントラル整骨院 お問い合わせ

ひまわりセントラル整骨院へのお問い合わせ

025-223-2760

住所
〒951-8068
新潟県新潟市中央区上大川前通5番町67-4
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台

受付時間