受付時間

ひまわりセントラル整骨院

アクセス

変形性膝関節症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 歩き始めや階段の昇り降りの際に痛む
  • 膝の曲げ伸ばしの際に、突っかかる感じがする
  • 正座をするのが辛い
  • 膝に水(水腫)がたまる
  • 膝がO脚(あるいはX型)のように変形してきた

変形性膝関節症はなぜ起こるのか?|ひまわりセントラル整骨院

膝の痛みを呈する病気は多くありますが、その中の1つに「変形性膝関節症」があります。中年以降の女性が最も多く発症し、その原因も様々です。でも、原因の多くは膝周りの筋肉の柔軟性の低下にあるといわれています。では、なぜ膝周りの筋肉の柔軟性が落ちると、膝の痛みが生じるのでしょうか?

膝周りの筋肉は本来柔軟性があり、しなやかな状態です。その柔軟性があるために、膝をしっかり曲げたり、伸ばしたりすることができます。

けれども、筋肉の柔軟性がなくなり硬くなってしまうと、膝を曲げた状態から完全に伸びきらなくなってしまいます。その“中途半端に曲がった状態”が、軟骨が削れる原因となり、その削れた軟骨のカスが炎症を引き起こしてしまいます。

その炎症こそが、痛みなのです。その他にも、慢性的な運動不足や加齢、背骨や股関節周りの元々の変形などが原因の場合もあります。

変形性膝関節症が治らない理由とは?|ひまわりセントラル整骨院

「変形性膝関節症がなかなか治らない…」という声をよく耳にします。その理由の多くが“痛み”にあります。そもその、膝の痛みの原因である“炎症”は決して悪いものではなく、膝周辺の組織を修復するための反応です。

関節まわりが腫れたり、痛みを感じたりするのは、その修復の過程に見られる反応です。

しかしその痛みがあるために膝をかばって歩くことで、どんどん膝の曲げ伸ばしがしづらくなったり、膝まわりの筋肉の柔軟性が失われていったりし、治らなくなってしまいます。また、症状が進むと水がたまることがあります。これも炎症によるものです。

膝関節は“関節包(かんせつほう)”という袋に包まれており、その中に関節液という数cc程度の水で満たされています。膝の軟骨に栄養や酸素を供給するだけでなく、関節液があるおかげで、膝関節が滑らかに動きます。この、膝関節の中で炎症が起こると、関節液が増えてしまい、触れるとぶよぶよとした膝となってしまいます。炎症が、より内部で起こっている際のサインです。

当院の変形性膝関節症改善の施術方法|ひまわりセントラル整骨院

変形性膝関節症に対する施術は、変形の進行が早い段階で行うことが重要です。変形が早い段階での施術と、症状が長期化した場合の施術は異なります。

早期の場合に行う施術は、膝関節の動きをできる限り正常に近づけることが目的となります。膝関節の動きが滑らかになることで、膝周辺の筋肉や軟部組織にかかる負担を減らし、への負担を軽減することができます。

変形が長期化した場合は上記で述べた施術に加えて、股関節や足首などの調整も行います。

膝が中途半端に曲がった状態で生活すると、下半身…とくに膝へ不必要な負荷がかかってしまいます。出来る限り、その膝への負担を減らすことで、症状を緩和させていきます。

ひまわりセントラル整骨院 お問い合わせ

ひまわりセントラル整骨院へのお問い合わせ

025-223-2760

住所
〒951-8068
新潟県新潟市中央区上大川前通5番町67-4
駐車場
3台駐車スペースあり 他店舗共有駐車スペースほか1台

受付時間